若き剣士・沖田総司は心やさしき詩的な行動者であった

沖田総司 Book 沖田総司

著者:大内 美予子
販売元:新人物往来社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

沖田総司 新選組が鳥羽伏見の戦いに敗れ、大坂を去る日、ただたんにくたくたに疲れ、望郷の念にかられた者もいただろう。自分の未来に絶望した者もいただろう。だが、彼らはまちがいなく激しい剣の日々を闘った英雄の群れだった。なかでも若き剣士・沖田総司は心やさしき詩的な行動者であった。芹沢鴨を斬り、松田重助、宮部鼎蔵、吉田稔麿を斬り、隊員山南敬助切腹の介錯をした沖田総司―その二十五年の光芒の生涯は歴史であり、伝説である。(「BOOK」データベースより)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高杉晋作を歩く―面白きこともなき世に面白く

高杉晋作を歩く―面白きこともなき世に面白く (歩く旅シリーズ歴史・文学) Book 高杉晋作を歩く―面白きこともなき世に面白く (歩く旅シリーズ歴史・文学)

著者:一坂 太郎,吉岡 一生
販売元:山と溪谷社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

高杉晋作を歩く―面白きこともなき世に面白く (歩く旅シリーズ歴史・文学)
奇兵隊を結成し、内戦のすえ藩政の主導権を奪取し、幕府と対決。しかし病に倒れ、29歳で歴史の舞台から去った高杉晋作。まるで時代に求められるままに完全燃焼したような短い生涯をたどり、その志の片鱗に触れる旅ガイド。
(「MARC」データベースより)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

上杉謙信・景勝・直江兼続 軍神の系譜

上杉謙信・景勝・直江兼続 軍神の系譜 (学研M文庫) Book 上杉謙信・景勝・直江兼続 軍神の系譜 (学研M文庫)

著者:坂上 天陽
販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

上杉謙信・景勝・直江兼続 軍神の系譜 (学研M文庫)
その半生を戦いに費やし「聖将」を演じ続けた孤高の武将、上杉謙信。宿敵である北条家から養子となり、家中での自分の存在意義に悩む上杉景虎。養父の偉大なる力を認めつつも、「義将」の姿を偽善とし否定する上杉景勝。そして、そのほとばしる才気を、景勝を後継に据えるためだけに注力する直江兼続。手取川の戦いから御舘の乱まで、それぞれの思いと葛藤が交錯する、上杉家激動の二年間を描く。
(「BOOK」データベースより)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「風林火山」武田信玄の謎〈徹底検証〉

「風林火山」武田信玄の謎〈徹底検証〉 (講談社文庫) Book 「風林火山」武田信玄の謎〈徹底検証〉 (講談社文庫)

著者:加来 耕三
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「風林火山」武田信玄の謎〈徹底検証〉 (講談社文庫)
戦国最強の武将」と謳われた武田信玄。精鋭軍団を率いて天下を目指した彼の生涯と人間性を、新たな視点で検証する。「関ヶ原の戦いは信玄が演出した?」「武田軍団の主力は騎馬隊ではない?」「川中島の合戦の黒幕」「軍師山本勘助の正体」「信玄の女性関係」など150項目が満載の好評シリーズ最新作。
(「BOOK」データベースより)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大化改新の謎―闇に葬られた衝撃の真相

大化改新の謎―闇に葬られた衝撃の真相 (PHP文庫) Book 大化改新の謎―闇に葬られた衝撃の真相 (PHP文庫)

著者:
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

大化改新の謎―闇に葬られた衝撃の真相 (PHP文庫)
西暦645年、大化の改新は、古代行政改革を推進した聖徳太子亡き後、反動勢力の豪族・蘇我入鹿中大兄皇子中臣鎌足らが討ち倒した政治クーデターというのが定説である。ところが、改革派の英雄とされる中大兄皇子と中臣鎌足の実像に迫るほど、定説とは異なる謎や疑問が次々と浮き彫りになる。本書は『記紀』を中心に、大化改新を巡る舞台裏と衝撃の真相を読み解く問題作である。
(「BOOK」データベースより)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

爆撃聖徳太子「日出ずるところの天子、日没するところの天子に書を致す」

爆撃聖徳太子 (ハルキ・ノベルス) Book 爆撃聖徳太子 (ハルキ・ノベルス)

著者:町井 登志夫
販売元:角川春樹事務所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

爆撃聖徳太子 (ハルキ・ノベルス)
「日出ずるところの天子、日没するところの天子に書を致す」―大業三年(六〇七)、遣隋使として隋国皇帝・煬帝に謁見した小野妹子は我が目を疑った。中国を支配し絶対的勢力を誇る王に対し、このような物言いで国書を送るとは。日本中火の海にされても文句は言えないではないか。こんなことをしたのは、あいつ、厩戸皇子すなわち聖徳太子だ。一体どういうつもりなのか?…大帝国の長として権勢並ぶ者なき煬帝に、聖徳太子が戦いを挑む!第二回小松左京賞受賞作家が新たな視点で描く激動のハイパー歴史アクション、書き下ろしで堂々登場。
(「BOOK」データベースより)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3) | トラックバック (0)

竜馬は何故、初めて「日本人としての意識」を持つことができたのか!?

私塾・坂本竜馬 Book 私塾・坂本竜馬

著者:武田 鉄矢
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

私塾・坂本竜馬
竜馬は何故、初めて「日本人としての意識」を持つことができたのか!?
18歳の時に司馬遼太郎著『竜馬がゆく』に出会って以来、武田氏にとって、「自分の人生の中心線に竜馬がいた」し、「竜馬は私に男を躾けてくれた」と言います。
本書は、司馬氏が描いた竜馬に、著者が今も残る貴重な資料を重ね、竜馬と当時の群像たちとの言動に焦点をあて、
規格外とも言われる竜馬の魅力を引き出していて、他に例を見ない「竜馬指南書」となっています。
特に、竜馬の生き様の中から夢、仕事、恋、悩みなどを紹介し、そこに60年生き抜いてきた武田氏自らの人生を重ね、今を生きる人に贈る「熱いメッセージ集」でもあります。
(「BOOK」データベースより)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

謎の旅人 曽良

謎の旅人 曽良 Book 謎の旅人 曽良

著者:村松 友次
販売元:大修館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

謎の旅人 曽良 俳人、神道家、旗本の用人、隠密…???曽良とはいったい何者か。『おくのほそ道』に随行した謎多き旅人の実像を追う。
(「BOOK」データベースより)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3) | トラックバック (0)

松尾芭蕉の素顔は、芥川龍之介に「日本の生んだ三百年前の大山師」と言わしめるほど、凄腕の不良だった!

悪党芭蕉 (新潮文庫) Book 悪党芭蕉 (新潮文庫)

著者:嵐山 光三郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

悪党芭蕉 (新潮文庫) ならず者と遊び人が集った蕉門、美男弟子との衆道関係、あの句にこめられた危険な秘密…いつしか神格化され「求道の人」のアイドルとなった松尾芭蕉。しかしその素顔は、芥川龍之介に「日本の生んだ三百年前の大山師」と言わしめるほど、凄腕の不良だった!「俳聖」を敢えて俗人と同じレベルで再考し、犯罪すれすれのところに成立した俳諧の真の凄味に迫る、画期的芭蕉論。第34回泉鏡花文学賞&第58回読売文学賞W受賞。
(「BOOK」データベースより)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

龍馬の黒幕 明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン

龍馬の黒幕 明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン (祥伝社文庫) Book 龍馬の黒幕 明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン (祥伝社文庫)

著者:加治 将一
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

龍馬の黒幕 明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン (祥伝社文庫)
一八六七年十二月十日夜、坂本龍馬斬殺。犯人は新撰組とも京都見廻組ともいわれている。しかし矛盾と謎が多すぎる。真犯人は誰か?浮かび上がる「龍馬の手紙」―幕臣勝海舟、英国武器商グラバーと行動を共にした龍馬が、死の直前に書いた最後の手紙に込めた「暗号」を読み解くことで、龍馬暗殺犯、さらには幕末維新の真相を暴く、驚愕の書。
(「BOOK」データベースより)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«検証 本能寺の変